仏教書フェアバナー

仏教書総目録2018

本刊行会は、近年のめざましいコンピュータの発達と普及、それに伴うインターネットの利用者の増加を受けとめ、読者などへの利便性を考慮して、ホームページを1998年9月に開設いたしました。
今後も一層の充実を図る計画ですので、『仏教書総目録』共々本ホームページのご支援を心からお願い申し上げます。

仏教書総目録刊行会

新刊・おすすめ

一覧をみる

  • 大乗経典の誕生 ブックカバー

    大乗経典の誕生
    仏伝の再解釈でよみがえるブッダ

    平岡聡著
    978-4-480-01628-7
    四六判 304頁 2015.10 本体1700円+税
    [筑摩書房]

    ブッダ入滅の数百年後に生まれた大乗経典はどんな発想で作られ如何にして権威をもったのか。「仏伝」をキーワードに探り、仏教史上の一大転機を鮮やかに描く。

  • 親鸞の還相回向論 ブックカバー

    親鸞の還相回向論

    小谷信千代著
    978-4-8318-8763-4
    A5 229頁 2017.06 本体2800円+税
    [法蔵館]

    曇鸞が示した「還相回向」という考えを、浄土真宗の祖・親鸞が、その著書『教行信証』の中でどのように展開させ、論じているかを考えることは、浄土真宗の教学を語るうえで欠かせないものとして、これまでも数多くの理解・学説が提示されてきた。

  • 倶舎論註ウパーイカーの研究 訳註篇 下 ブックカバー

    倶舎論註ウパーイカーの研究 訳註篇 下

    本庄 良文
    978-4-8043-0590-5
    A5 496頁 2014.06 本体12000円+税
    [大蔵出版]

    失われた有部系阿含を再現する!!『倶舎論』の随所に現れる断片的引用について、その典拠である有部系阿含資料を豊富に提供する特異な註釈書『ウパーイカー』――本書では、その全文の翻訳に、資料比定などの克明な註記を添える。下巻では、第4章業品~第9章破我品を収録。

  • 門徒ことば 語り継がれる真宗民語 ブックカバー

    門徒ことば 語り継がれる真宗民語

    三島清円著
    978-4-8318-8757-3
    四六判 142頁 2017.07 本体1200円+税
    [法蔵館]

    「いなだく」って聞いたことありますか? 「あたわり」「縁借」「お手廻し」「ごっしょねがい」など、日本各地に伝わる不思議な響きの言葉たち。どのような場面で、どんな人がどう使っているのか、47の言葉を用いられる状況と共に紹介!