仏教書フェアバナー

仏教書総目録2017

本刊行会は、近年のめざましいコンピュータの発達と普及、それに伴うインターネットの利用者の増加を受けとめ、読者などへの利便性を考慮して、ホームページを1998年9月に開設いたしました。
今後も一層の充実を図る計画ですので、『仏教書総目録』共々本ホームページのご支援を心からお願い申し上げます。

仏教書総目録刊行会

新刊・おすすめ

一覧をみる

  • 倶舎論註ウパーイカーの研究 訳註篇 上 ブックカバー

    倶舎論註ウパーイカーの研究 訳註篇 上

    本庄良文
    978-4-8043-0589-9
    A5 496頁 2014.05 本体12000円+税
    [大蔵出版]

    失われた有部系阿含を再現する!!『倶舎論』の随所に現れる断片的引用について、その典拠である有部系阿含資料を豊富に提供する特異な註釈書『ウパーイカー』――本書では、その全文の翻訳に、資料比定などの克明な註記を添える。上巻では、序論(解説)・第1章界品・第2章根品・第3章世品を収録。

  • ブッダ入門 〈新装版〉 ブックカバー

    ブッダ入門 〈新装版〉

    中村元著
    978-4-393-13393-4
    四六判 232頁 2011.02 本体1500円+税
    [春秋社]

    東洋思想の巨人、中村元が、やさしくあじわい深く、仏教の開祖・ブッダのすべてを語る。神話と伝説に彩られた超人的ブッダを排し、われわれと同じ一人の人間として、その真実の姿を描く。ブッダの世界史的・文明史的意義を解明する画期的な「ブッダの生涯」。

  • 飛鳥史跡事典 ブックカバー

    飛鳥史跡事典

    木下正史編
    978-4-642-08290-7
    四六判 336頁 2016.01 本体2700円+税
    [吉川弘文館]

    「日本国」の誕生と古代“文明開化”の舞台、飛鳥・藤原の地。『日本書紀』『万葉集』にみえる宮殿や邸宅、寺院、庭園、陵墓が地中に眠り、それらにちなむ地名が今なお残るなど、多くの人々を魅了する。多様な史跡など約170項目を収め、歴史的事件や関連人物とともに解説。史跡巡りのコースや展示施設も紹介するなど、歴史探訪に必携のハンドブック。

  • 戦時下の日本仏教と南方地域 ブックカバー

    戦時下の日本仏教と南方地域

    大澤広嗣著
    978-4-8318-5542-8
    A5 398頁 2015.12 本体4800円+税
    [法蔵館]

    戦時下における日本の南方進攻を主題に、戦争を進めた政府と仏教界の協働関係の実態を当時の資料から解明する。近代日本仏教研究の間隙を埋めた意欲的論集!