仏教書総目録2016

本刊行会は、近年のめざましいコンピュータの発達と普及、それに伴うインターネットの利用者の増加を受けとめ、読者などへの利便性を考慮して、ホームページを1998年9月に開設いたしました。
今後も一層の充実を図る計画ですので、『仏教書総目録』共々本ホームページのご支援を心からお願い申し上げます。

仏教書総目録刊行会

新刊・おすすめ

一覧をみる

  • 現代訳 正法眼蔵 ブックカバー

    現代訳 正法眼蔵

    禅文化学院著
    978-4-414-10118-8
    A5 270頁 2002.06 本体2800円+税
    [誠信書房]

    日本仏教が生んだ最高の聖典であり、日本精神文化の偉大な所産である正法眼蔵全95巻のうちから「現成公案」「山水経」など現代生活にかかわりの深い十数巻を抜粋し、現代人に理解できるように訳出した。初版刊行1968年。

  • 禅思想史講義 ブックカバー

    禅思想史講義

    小川隆著
    978-4-393-13802-1
    四六判 256頁 2015.07 本体2200円+税
    [春秋社]

    禅者は、なにを、どう考えてきたか。禅の興起から二十世紀の鈴木大拙まで、新たな知見を踏まえて、“禅”を語る画期的論考。

  • パーリ仏典にブッダの禅定を学ぶ ブックカバー

    パーリ仏典にブッダの禅定を学ぶ
    『大念処経』を読む

    片山 一良
    978-4-8046-1338-3
    四六判 336頁 2012.08 本体2500円+税
    [大法輪閣]

    四種の修行の仕方から四諦・八正道といった、仏教の基本となる実践方法が説かれているブッダが説いた『大念処経』を平易に解説。

  • 戦時下の日本仏教と南方地域 ブックカバー

    戦時下の日本仏教と南方地域

    大澤広嗣著
    978-4-8318-5542-8
    A5 398頁 2015.12 本体4800円+税
    [法蔵館]

    戦時下における日本の南方進攻を主題に、戦争を進めた政府と仏教界の協働関係の実態を当時の資料から解明する。近代日本仏教研究の間隙を埋めた意欲的論集!