仏教書総目録2016

本刊行会は、近年のめざましいコンピュータの発達と普及、それに伴うインターネットの利用者の増加を受けとめ、読者などへの利便性を考慮して、ホームページを1998年9月に開設いたしました。
今後も一層の充実を図る計画ですので、『仏教書総目録』共々本ホームページのご支援を心からお願い申し上げます。

仏教書総目録刊行会

新刊・おすすめ

一覧をみる

  • 涅槃図物語 ブックカバー

    涅槃図物語

    竹林 史博
    978-4-8046-1315-4
    A5 168頁 2011.02 本体2000円+税
    [大法輪閣]

    釈尊との悲しい別れに集まった弟子や神々、国王、動物たちの興味尽きない話や、涅槃図に秘められた伝説を豊富な図版とともに解説。

  • 歩行禅 〈新装版〉 ブックカバー

    松尾心空法話集
    歩行禅 〈新装版〉
    呼吸のくふうと巡礼の瞑想

    松尾 心空著
    978-4-393-17286-5
    四六判 296頁 2016.02 本体1545円+税
    [春秋社]

    歩く意味、臍下丹田に気息を集める所以、その生理的機能、重心の置き方、呼吸と歩数の関係――仏教者であり、20年間に7000キロを踏破してなおも歩みつづける巡礼の達人が、同行三人の対話形式をかりて懇切に説く「歩く瞑想」の極意。実際に西国巡礼するときの手引きとしてもどうぞ!

  • 黄檗宗資料集成 第三巻 ブックカバー

    黄檗宗資料集成 第三巻

    木村 得玄著
    978-4-393-17613-9
    A5 240頁 2016.03 本体3500円+税
    [春秋社]

    江戸中期に活躍した曹洞宗の学僧、面山瑞方による「洞上僧堂清規考訂別録」を収録。この書は「曹洞宗全書」(昭和6年刊)所収のものを復刻し、本文中の漢文には書き下しを付け、さらに必要に応じて簡単な語注も付した貴重な書。本書には、僧堂での日常生活の規則(清規)について、黄檗宗が中国の明の様式を用いるのはよくない、唐・宋・元の時代の古式に返れ、といったような批判がいろいろと書かれている。

  • 新 梵字大鑑 全二巻 ブックカバー

    新 梵字大鑑 全二巻

    種智院大学密教学会編
    978-4-8318-7021-6
    B5 上638頁/下568頁 2015.11 本体40000円+税
    [法蔵館]

    三十余年を経て新装改訂!実践編(上巻)では梵字の書き方・読み方・用法等を解説、資料編(下巻)では梵字の歴史や古遺物等に記された梵字を写真・図版で紹介する。梵字のすべてを網羅した決定版。