仏教書フェアバナー

仏教書総目録2018

本刊行会は、近年のめざましいコンピュータの発達と普及、それに伴うインターネットの利用者の増加を受けとめ、読者などへの利便性を考慮して、ホームページを1998年9月に開設いたしました。
今後も一層の充実を図る計画ですので、『仏教書総目録』共々本ホームページのご支援を心からお願い申し上げます。

仏教書総目録刊行会

新刊・おすすめ

一覧をみる

  • 古語大鑑 第2巻 ブックカバー

    古語大鑑
    古語大鑑 第2巻
    か~さ

    築島裕/編集委員会代表
    978-4-13-080006-8
    B5 384頁 2016.02 本体42000円+税
    [東京大学出版会]

    上代から鎌倉時代の終わり(1333年頃)までの語に重点を置き,その期間に成立した文献に現れる語彙約4万語を収録.見出しを現代仮名遣いで示し,語釈,語源などを解説し,文献の用例(最古の用例)を探索している.万巻の書を開かなくても,この辞典だけで古い言葉の世界を見通すことができる。

  • 門徒ことば 語り継がれる真宗民語 ブックカバー

    門徒ことば 語り継がれる真宗民語

    三島清円著
    978-4-8318-8757-3
    四六判 142頁 2017.07 本体1200円+税
    [法蔵館]

    「いなだく」って聞いたことありますか? 「あたわり」「縁借」「お手廻し」「ごっしょねがい」など、日本各地に伝わる不思議な響きの言葉たち。どのような場面で、どんな人がどう使っているのか、47の言葉を用いられる状況と共に紹介!

  • 全訳 正法眼蔵 巻二 ブックカバー

    全訳 正法眼蔵 巻二

    中村 宗一著
    978-4-414-11202-3
    A5 418頁 1972.03 本体5000円+税
    [誠信書房]

    正法眼蔵は、日本仏教が生んだ最高の聖典であるとともに、日本精神文化の偉大な所産である。巨星道元禅師が四半世紀にわたり皮肉骨髄をもって、人生・時間・空間といった哲学・思想上の問題から芸術の世界史文学の領域、教育の考え方、日常生活の規制に至るまで、全般の問題を把えて断案を下している。

  • 無量寿経 ブックカバー

    ちくま学芸文庫
    無量寿経

    阿満利麿編訳
    978-4-480-09713-2
    文庫 512頁 2016.02 本体1500円+税
    [筑摩書房]

    なぜ阿弥陀仏の名を称えるだけで救われるのか。法然や親鸞がその理解に心血を注いだ経典の本質を、懇切丁寧に説き明かす。文庫オリジナル。